乾燥が怪しい冬場。家では暖房、外では刺々しい北風・・・購入やごはんをめぐっても、エアコンディショナーが効きすぎていたり・・・など、どこへ行っても乾燥ばっかり。
皮膚のモイスチャーは、「皮膚を続ける支障のベネフィット」もしているんです。こういうモイスチャーが減少することにより、外からの扇動などからお皮膚を守れなくなり、肌荒れへと発展し、ハリ・うるおいがあるプルプルのお皮膚は程遠くなってしまうのです。
そこで松田聖子ちゃんのアナウンスで有名な赤いジェリー、「ジェリー アクアリスタ」。
「皮膚が食べるジェリー?」といわれていますが、成果と材料って?
●赤いジェリー、色の正体は?
「リコピンというアスタキサンチン」。これらは美容に効果がある材料ですが、リコピンってアスタキサンチンを併せることにより、リコピンがアスタキサンチンの成果を3倍に決めるとのことです。元々美容に効果がある、それぞれの材料がタッグを組むことにより、ますますハリ・うるおいの美肌成果が!
●ヒトパターンナノセラミドって?
尖端域細胞にモイスチャーを蓄える力があり、保湿成果に優れています。ダイレクト尖端域細胞に動くことにより、お皮膚のモイスチャーを習得。それにより、ハリ・うるおいがあるプルプルのお皮膚へといった導きます。
●何故ジェリー状?
ハリ・うるおいをキープするために大切な、ヒトパターンナノセラミドをとことん調合するため。プルプルのジェリーは、ルックスが崩れても、時間をおくと元に還るほどのはり。ルックスが元に戻るのは、ヒトパターンナノセラミドが思い切り含まれているからなのです。
「ジェリー アクアリスタ」、乾燥が恐ろしい時間には、一段と活躍してくれそうですね。